「たまねぎがんも(新玉ねぎ入)」  

CATEGORY :  知る・楽しむ
STAFF :  minosuke03

旬の今だから味わえる、甘さとみずみずしさがある

「津和地(つわじ)島(じま) 新たまねぎ(西村農園産)」 入りたまねぎがんも

展開期間 :2018年 3月1日(木)~4月10日(火)

商品名:たまねぎがんも

内容量:1個入

価格:本体価格250円

消費期限:5日

原材料:大豆(国産)、たまねぎ、やまいも(大和芋) 、菜種油、
人参、塩、凝固剤(粗製海水塩化マグネシウム<にがり>)

保存方法:要冷蔵(10℃以下)

 

◆使用原料

「西瀬戸内海 津和地島 西村農園産 新玉ねぎ」

新たまねぎの産地は四国・愛媛県松山市の沖合に位置する忽那(くつな)諸島に浮かぶ人口400人ほどの小さな島「津和地島」(外周12km)です。 津和地島は年間を通じ急激な温度変化が少ない特有の気候条件である事に加え、“水はけ”の良さと、海のミネラルをたっぷりと含んだ砂地土壌に恵まれております。津和地島「西村農園」では独自の栽培技術を積み重ねた結果、“みずみずしく”と“やわらかい”、そして何よりも“甘さ”が際立つ新玉ねぎが栽培されています。

 

◆商品特長

三之助のつくり手は、この「津和地島産新玉ねぎ」をがんも用生地にたっぷりと混ぜ、一つ一つ丁寧に手でかたちを整えてから“国産菜種の圧搾油”で手揚げします。

“新鮮な甘さ”が溢れんばかりの新たまねぎを使用する事で、がんもの美味しさに合せて、春先ならではの“旬の風味”をたっぷりとご堪能いただけます。

 

◆お薦めの食べ方

① 蒸し焼き:春野菜をいっしょにホイルに包み、霧吹きをしてから蒸し焼きにする。

② 春サラダ:オーブンやフライパンで温めてから、もしくはそのままでもよいので、小さく切って野菜と一緒にサラダの具材としてお召し上がりください。ぽん酢やお好みのドレッシングでどうぞ。

③ 和えもの:小さく切ってからオーブンやフライパンで軽く炙り、薄切りにした新たまねぎと削り節とで和える。ほどよく和えたら、醤油やぽん酢醤油でお召し上がりください。

 

 

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。